酷いいびきの人は治療で改善しよう|自分の体を守る為に

ベッド

身体にフィットさせます

高反発マットレスを使用すると腰痛や肩こりが楽になります。程よい硬さを持っていて楽に寝返りを打つことができるなど、身体にあまり負担がかからないので、正しい姿勢を寝ているだけで作ることができます。その硬さを維持するためには、定期的にマットレスの裏表や上下を変えたりするなどのメンテナンスが必要です。

睡眠時のイビキの改善

眠る男性

夜間のイビキ

「いびき」は医療機関で治療を行うことで改善が可能とされています。いびきは、夜間に周囲の安眠を妨げるだけでなく、激しいいびきになると「睡眠時無呼吸症候群」となってしまう可能性もあるのです。睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠中に一瞬、または数秒間呼吸が「止まる」状態のことを言います。数秒の呼吸停止後は、すぐに苦しみながらまた呼吸は再開されますが、夜間にこの症状は何度も繰り返される為、日中眠たくなるといった人が多いのが特徴です。特に肥満の方に発症しやすく、放置していると心筋梗塞や脳血管障害を引き起こすこともあります。また睡眠時無呼吸症候群は、夜間の「突然死」の引き金となる場合もあるので、注意が必要です。肥満の方で日中眠たくなることが多い、十分に睡眠をとっても疲れがとれない人は、医療機関でいびきの治療を行なうようにしましょう。

イビキの主な改善方法

医療機関でのいびきの治療ですが、のど内部の「ヒダ」が原因である場合は、手術にてヒダの部分的な切除を行います。鼻詰まりが原因である場合は、鼻内部のポリープの切除や、鼻粘膜の膨張を取り除く外科手術を行うのが一般的です。すでに睡眠時無呼吸症候群が発症している場合には、これらの手術に加え、食事療法や運動療法も同時に行い「肥満」の改善も図ります。いびきはなかなか自覚が難しい症状ですので、家族に激しいいびきをかく人がいる場合は、早期に医療機関での治療を薦めるようにしましょう。特に肥満気味の人は、激しいいびきが命に関わることもありますので、特に注意が必要です。自覚症状として、突然夜中に目が覚めることが多い、十分に睡眠をとっても疲れがとれない、目が覚めた際口内が渇いている、などの症状がある場合は、激しいいびきをかいている可能性が高いですので、医療機関に相談を行ってみましょう。

女性

更年期の女性の悩み

エストロゲンは女性ホルモンを維持していくために必要なものです。しかし、更年期になるとその量も減っていきホルモンバランスが崩れてきます。食事で女性ホルモンを増やしていくことも可能なので、エストロゲンと似た作用のあるサプリを摂取すると良いでしょう。

寝室

腰が痛い時のマットレス

腰痛に悩まされているなら、高反発マットレスモットンがお勧めになっています。モットンはインターネットで購入できるようになっており、実際にモットンを使用した方は3日ぐらいで腰痛が和らいだなどの意見が聞かれています。

このエントリーをはてなブックマークに追加